和風住宅 新築編 暗くなりがちな場所に”太陽のあかり”スカイライトチューブで自然光を導こう。

かなり進んできました。スカチューマンの仲間、鳥坂建築さんの
建築中のお宅。

CIMG7362

 

以前の記事では、屋根に光を取り込むドームが設置されてた状況での紹介でした。

CIMG7357

 

今日、現場を訪問すると、
しっかりチューブが1階まで延長されて光を運んできていましたよ。

CIMG7341

 

あとは、天井が出来るのを待って、散光カバーを取り付けて
お部屋に太陽の柔らかい光をお届けします。梁や柱の太さや天井の高さに圧倒されます。

 

CIMG7337

 

本物の木材に囲まれていると、森の中にいるような
感じさえします。そこにスカイライトチューブが運ぶ太陽光がきらめいていると
木漏れ日がそこにあるような輝き。

 

CIMG7336

 

本物同士だから余計に共鳴し合って、気持ちのいい空間を作っているようにも感じます。1箇所は予定通り、廊下へ。
大きな家では、どうしても廊下が暗くなりがち。薄暗い場所があると折角の新居がもったいないですよね。
うす暗くなるはずの場所が、明るくなるなんて。

 

CIMG7320_1

 

いいですよね、これも鳥坂建築さんが、スカイライトチューブを理解していているから
提案がなされます。同じような大きなお宅で、やっぱり1階の廊下が暗くなりそうなので
大きな天窓を取り付けて、2階の床にガラスをはめて1階の廊下を
明るくしようと試みていらしたところもありましたよ。
結構大変そうでした。スカチューを知っているといないとでは
提案の仕方も随分と違ってくるものですね。

もう1箇所は、2階の階段ホールの予定・・・・

でも、確かめてみるとそこにはなく、
1階のダイニングに設置されていました。

 

CIMG7327

 

だんだん、建物ができてくると、思いがけないところが
ちょっと暗いなーと感じることもありますよね。

間仕切り壁ができてくると余計に感じます。

リビングに出ているひさしも深く

CIMG7365

 

LDKが広いため、奥はちょっと暗くなりそうかなということで
こちらに移動されたようです。

建築途中でも、予想外に、薄暗くなりそうな場所ができた場合にも
臨機応変に後からでも場所を変更できるのも
スカチューの魅力の一つですね。

CIMG7352

 

家を建てる人も建ててもらう人も「スカイライトチューブ」という
選択肢を頭の中に持っておくかどうかで
もしかしたら、これから長い時間を過ごす、新しい家での
「太陽のあかり」に対しての満足感は変わってくるかもしれませんね。